2021年に学ぶべき大人気のプログラミング言語6選とは?

プログラミング言語は、機械と通信するための媒体として使用されます。そして、それらは出力を生成する命令の正式なセットです。しかし、任意のランダムな言語を学習しても、仕事をつかむのには役立ちません。なぜそうなのでしょうか?それは、言語が開発されるユースケースが多様だからです。例えば、Pythonが汎用プログラミング言語であれば、JavaScriptはWeb開発に使われています。ですから、初心者でも中級者でも経験者でも、自分に合ったプログラミング言語のスキルを身につけることは、夢のある仕事や技術を掴むためには欠かせないことなのです。

プログラミング言語でキャリアを積むためにプログラミング言語を選ぶ前に、技術の世界での需要、範囲、人気を見極める必要があります。また、パフォーマンス、互換性、効率性、アプリケーションなど、他にもいくつかの重要な要素があるので、最高の言語を選択する際に考慮すべきなのは人気だけではありません。そして、同じ懸念を持って、以下では2021年に学ぶべき6つのトレンドのプログラミング言語のリストを挙げました。

1. AIのPython(パイソン)
機械学習、ディープラーニング、Web開発、サイバーセキュリティなどの技術的進歩は、最近ではすべて指数関数的に成長しており、Pythonはこれらの目的のために使用されるプログラミング言語です。データサイエンス業界でさえも、Pythonの幅広い応用を含む最近の驚異的な成長を経験しています。一方、PythonはあなたがDjangoとFlaskを使用してWebアプリケーションを作成することができ、Numpy、Scipy、Scikit-Learn、およびNLTKを使用してデータ分析を行うことができますように、その利用可能なライブラリやフレームワークが豊富です。そして、Pythonの開発者は、現在では高給取りの仕事の一つです。そのため、上昇するトレンドに適応し続けるためにも、2021年にはPythonは学ぶ価値があると言えるでしょう。

2.JavaScript
JavaScriptは、技術の世界で最も要求の厳しいプログラミング言語の一つです。インタプリタスクリプト言語は、フロントエンドとバックエンドの両方で作業することができます。さらに、Angular、React、Vueなど、JavaScriptで利用可能なフレームワークやライブラリが多数あり、開発者にとってより便利で効率的なものとなっています。他のプログラミング言語との互換性、プラットフォームに依存しない、ライトウェイトなど、JavaScriptには他にもいくつかの注目すべき特徴があります。また、そのようなGoogle、Facebook、Uberなどの様々なITの巨人は、JavaScriptに取り組んでおり、定期的にJavaScript開発者のための様々な魅力的なキャリアの機会を思いつきます。

3.JAVA言語
JAVAは10年前から人気のある言語ですが、未だにその輝きを失っていません。オブジェクト指向プログラミング言語はWrite Once, Run Anywhereパラダイムで動作します。この言語は、主にアンドロイドアプリケーションやエンタープライズ規模のウェブアプリケーションの開発に使用されています。Javaはそのようなクロスプラットフォーム互換性、マルチスレッド、堅牢性などの様々な有名な機能を持っています。それは市場での人気と需要に来るときに確かに、JavaはPythonにタイトな競争相手です。

4. C言語
かなり古い言語であるにもかかわらず、C言語は世界中の膨大な数の開発者に使用されています。コンピュータサイエンスやプログラミングの世界に足を踏み入れる学生でさえ、ほとんどの場合、C言語からプログラミングの道を歩み始めています。このようにC言語の人気と需要が絶大なのは、オペレーティングシステムやコンパイラ開発などのシステムプログラミングへの応用が主な理由です。アップル社でObjective-CがSwiftに取って代わられたように、日々浅い変化が起きているとはいえ、C言語はそのクリーンなスタイル、シンプルなキーワードの集合、低レベルのメモリアクセスなどの突出した特徴から、プログラミングの世界ではいまだにトレンドとなっています。

5.Golang
Golangもまた、プログラミングの世界ではかなり人気があり、需要のある言語です。手続き型と静的型付けのプログラミング言語は、C言語と非常に似た構文を持っています。この言語は、豊富な標準ライブラリ、ガベージコレクション、動的型付け機能、その他様々な注目すべき機能を提供しています。また、分散システム、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの大規模なアプリケーションにも対応しています。IT大手のGoogleが開発した言語であり、そのシンプルな構文と使いやすさから、最近では多くの開発者に好まれています。

6.Kotlin
最後にKotlinです。Kotlinは静的型付けされた汎用プログラミング言語で、JAVAとの完全な相互運用が可能です。この言語はフロントエンドとバックエンドのフレームワークの両方で使用することができます。Kotlinはオブジェクト指向と関数型プログラミングの優れた組み合わせを提供し、Javaの技術スタックとの高い互換性を持っています。Kotlinが提供する他の機能としては、静的型付け、簡潔で安全、学習しやすいなどが挙げられます。また、Android開発に関して言えば、GoogleはすでにKotlinを第一候補として発表しているので、Androidアプリ開発でキャリアをスタートさせたいのであれば、2021年にKotlinを選ぶのがベストな選択です。

リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

★ お気に入り追加