アプリを作るならJavaScript?どのプログラミング言語をオンラインで学習するべき?

アプリ開発するなら、JavaScriptがおすすめです!

先に進む前に、この答えは経験から形成された意見にのみ基づいていることをご了承ください。

では、なぜJavaScriptなのでしょうか?
なぜJava、C/C++、Swift (Objective-C)などではダメなのでしょうか?

その質問に一言で答えるとしたら、おすすめだからです。JavaScript (JS) は人気のあるオープンソースのプログラミング言語です。繰り返しになりますが、オープンソースで人気があるということを強調する言葉が不足しています。これが他の言語に比べて優位性を与えています。受け入れられていることの現れは、そこから派生した膨大な種類のフレームワークやライブラリに反映されています。筆者もJavaScriptでブラウザゲーム開発をしていたことがあります。

フレームワークは、一般的なプログラミング言語の味付けされた突然変異です。
JS をベースにした人気のあるフレームワークのいくつあります。

有名だからといって必ずしもそれに合うとは限らないことは理解しています。
むしろ、JavaScriptの場合、それは学習曲線と関係しています。
それで生産的になる前に何かを学ぶことにどれだけの努力を置きます。
スムーズでやりがいのある学習体験に関しては、JSに勝るものはありません。

さて、質問の答えの正当性に戻ります。JavaScriptは、大規模なオープンソースコミュニティからライブラリやフレームワークの茄多にそれを得る特典を誘発します。そして、それらが完璧な調和の中で一緒に使われていることで、さらに良いものになっています。コードのシンプルさと再利用性が数段向上します。

マイクロソフトの(多くの人に愛されている)ソースコードエディタであるVisual Studio Codeは、JavaScriptとTypeScript(JSのもう一つの変異)で書かれています。

Slack、クラウドベースの独自のチームコラボレーションツールとサービスのセットは、そのクロスプラットフォームのデスクトップアプリは、電子の基盤の上に作ったFacebookのアプリ(Instagramアプリを含む)は、React Nativeという素晴らしいJavaScriptフレームワークのおかげで、クロスプラットフォーム(androidとiOSの両方のコードベースを持っている)に対応しています。

React NativeでiOSだけでなくAndroidでも同じHelloWorldアプリを作るのは簡単です。JavaでもSwiftと違います。

パフォーマンスに関する注意事項- React Native アプリは常に最適化されているわけではありません。しかし、もしトレードオフがあるとしても、開発と生産の容易さを考えると十分に重要なものではありません。

14日間無料体験あり!【テックパートナーズカレッジ】

★ お気に入り追加