なぜプログラミングコーディングを学ぶべき?エンジニアに転職で学習する人が増えいている?

プログラミング分野に入る前の多くの人々は、物事が舞台裏でどのように機能するかを知りたいと思っていますか?

Googleはどのようにして数秒のうちに、私たちが探しているものは何でも検索結果を出してくれるのでしょうか?
どのようにして私たちは世界中のfacebook上で誰かに接続することができるのか?
グーグルマップがどのようにして世界のどこにいても方向を教えてくれるのか?

上記のすべての理由は、ノンプログラマーがこの分野を選択することを鼓舞します。
今日、私たちは日常生活の中で、娯楽のために、コミュニケーションのために、そしてすべてのもののためにテクノロジーに依存していますが、コードの読み書きができる人は非常に少ないのです。

すでに何年も前からプログラミングコーディングをしている人であれば、コンピュータを超えてこのスキルを応用することができるでしょう。
私たちは多くの問題に囲まれていますが、コーディングは現実の世界でも多くの解決策を与えてくれています。
自分がノンプログラマー、初心者、経験者であるかどうかは関係ありませんが、プログラミングのコーディングを学ぶべき理由は複数あります。

1.魅力的な給与と複数のキャリアチャンス
ITテクノロジーは広大で、コードを書く方法を知っていれば、仕事のチャンスはたくさんあります。プログラマーは世界中で需要が高いです。フリーランスになって自由に仕事をすることもできますし、いくつかの企業で働くこともできますし、自分のサイドプロジェクトで仕事をすることもできますし、コーディングのスキルを自分のスタートアップのために使うこともできます。クリティカルシンキングや状況分析が求められるので、プログラマーの給料も魅力的です。プログラミングの達人である人は、数時間の仕事ですが、日常生活の中で柔軟に仕事をこなすことができるため、より多くの収入を得ることができます。インドのコンピュータプログラマーの推定給与はとても高く高収入です。

2.問題解決力と論理的なスキルを身につける
問題解決能力はプログラミングの中心であり、プログラミングを学ぶことは、問題をより小さな塊に分解し、自分の論理とアルゴリズムを使ってプログラムを作成し、それに対する解決策を提供することです。コーディングは、問題を深く考え、そのために自分の考えを整理し、ロジックを適用し、解決策を提供することを脳に強制します。新しい課題に直面するたびに、頭を使う必要があり、自分なりのルールを作り、論理的なアプローチに従う必要があるかもしれません。

だから、プログラミングを学び、行うことは、最終的に自分の問題解決能力と論理的能力を向上させる自分の脳のための運動です。プログラミングを学ぶことで、この世界を理解し、私たちの生活の中で毎日遭遇する問題を解決することができるようになり、それがこの世界を変えるために自分ができる最高のことだと教えてくれます。自分はコンピュータ技術を使用して人々を助け、自分はそのための尊敬を得ることができます。自分が現実世界の問題の全体像を見て、論理的なアプローチで問題を解決するとき、自分は最終的に賢い人になります。

3.対人スキルを開発します。
コーディングは、自分の技術的なスキルを向上させるだけでなく、それはまた、ソフトスキルの向上に役立ちます。自分がチームで働いているとき、ほとんどの場合、他の同僚と協力する必要があり、相手とプロジェクトについて議論する必要があるかもしれません。コーディングでは、他の賢い人たちと協力して、この世界の人々にとって実際に何か意味のあるものを一緒に作るときに、魔法が起こります。

リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

4.テクノロジーが世界を支配している。
テクノロジーは至る所に組み込まれており、エンターテイメントであっても、誰かとコミュニケーションを取る必要があっても、どこかに出かける必要があっても、私たちの日常生活の一部になっていることは間違いありません。私たちはテクノロジーに依存しており、何千もの産業がコンピュータプログラムに依存して事業運営を行っています。科学者は、実験の結果を分析したり、見たりするために、また自分たちの研究のためにコンピュータを使用します。他の人が車を運転するのに便利なアプリやウェブサイトを作ることから、データ分析、金融、食品産業、教育、顧客サービス、健康部門などで使われています。朝から晩まで技術に頼っているのに、コーディングの仕方を知っている人が非常に少ないのが不思議です。

5.プログラミングのコーディングは創造性
コーディングは常に何か計算的で、数学的で、イライラして退屈なことばかりだと思われていますが、プログラミングのコーディングにも創造的な側面があります。プログラマーは何かがこの世界では不完全であることを見るとき、それは問題を分析し、先見の明のある解決策を与えるために相手の仕事になります。相手は人々が遭遇する問題の全体像を見て、その解決策を見つけるために創造的な論理的アプローチを使います。絵描きのように、賢いプログラマーは、適切なプログラミング言語、デザインパターン、解決策を実装するための論理的表現のパターンを選びます。

6.ビジネスにおける方程式の両側の理解
業界やビジネスのどのような種類では、それは常に仕事を得るために必要な完全なプロセスを理解するコーディングで何もしなければならないノンプログラマーや部門のために困難になります。誤解は、特定の問題の解決策を見つけることになると、常にエンジニアとノンプログラマーの間で開発されています。コーディングのスキルがあれば、エンジニアの視点からリスク、課題、時間を可視化したり、少なくとも理解することができます。コーディングについて知っていれば、自分が会社のマネージャー、チームリーダー、マーケッターであることは関係ありません。自分は問題にスムーズに取り組むことができ、それはビジネスを成功させるために非常に重要なことです。

7.人生を変えるような経験ができる。
プログラミングは常に自分に毎回リスクを取らなければならない新しい挑戦を与え、それは自分の人生にもリスクを取ることを教えてくれます。世界にはソフトウェア、アプリ、ウェブサイトが溢れていますが、自分でこれらのものを作った時には、より自信と力強さを感じることができます。それまで解決策がなかった問題をプログラマーが解決できるようになったとき、それは相手の人生を変える経験になります。

14日間無料体験あり!【テックパートナーズカレッジ】

★ お気に入り追加