2020年プログラミング教育が小学校で必修化に!内容を詳しく解説!

2020年、プログラミング教育が小学校で必修化されました。コンピューターの授業は、小学校、中学校、高校、大学で実施されています。

プログラミング教育が小学校で必修化された理由は、プログラミング的思考を養うためです。その他、将来的に日本は、IT人材が不足するデータがあり需要が高まっています。コンピューター時代、学生の頃から学ぶことは有利になります。

小学校でプログラミング教育必修化の内容

小さい頃から、パソコンに慣れることは海外での競争に乗り遅れないためにも非常に重要です。逆にコンピューターを学んで得意になった子供は、将来、大人になった際に役に立ったり、活躍できるIT人材になれます。

今後、日本では、世界に比べてIT人材が不足しており、仕事も増えてくると言われてますので、小さなころから勉強することはとても大事です。

プログラミング教育は、パソコンを使えるスキルを習得するだけが目的ではありません。

学習指導要領も変更になりました。10年ごとに変更があります。
ICT環境と言って、パソコンやタブレットなど整備されています。
一部の地域では、学校でタブレットを支給しています。

授業内容は決められておらず、自由に実施可能です。
プログラミング必修化は、コンピューターを使える力を育てる、論理的思考力を育てるためです。

コンピューターを積極的に活用したり、これからは、プログラミング的思考、論理的思考が最も重要になってきます。そのような人物が求められます。

それに応じてプログラミンスクールに通う子供や転職に有利と大人が増えていて、オンラインでプログラミングを学んでいます。

★ お気に入り追加