2022年に学ぶべき14の人気プログラミング言語

プログラミング言語

かつて、コンピュータプログラミングの世界は、神秘的で排他的な場所でした。
最先端のコーディングスキルを持つコンピュータプログラマーは、ほんの一握りの人たちだと考えられていました。
現在では、IT関連の仕事の多くで、トップクラスのプログラミング言語、それも複数の言語をしっかりと理解していることが求められています。

キャリアアップや転職のためにプログラミング言語を習得する必要がある場合、どの言語を学べばよいのか悩むかもしれません。結局のところ、言語を習得するためには時間とお金がかかるので、正しい選択をしたいものです。

例えば、自分が挑戦したい難易度、自分が既に持っているプログラミング言語の知識と自分の既存のコーディングスキルの融合、またはトップクラスのプログラミング言語を学ぶ理由などです。

モバイルアプリケーションを開発したい、プログラミング知識の認定を受けたい、新しいスキルを身につけたいなど、どのような場合でも、適切なプログラミング言語を習得する必要があります。以下では、2022年に雇用者の間で需要のある最高のプログラミング言語について学びます。各言語の詳細、複雑さ、そしてどのように使用されるかについて説明されています。

プログラミング言語とは?

プログラミング言語とは、プログラマー(開発者)がコンピュータと通信するための方法です。プログラミング言語は、文字列の値を機械語コードや、ビジュアルプログラミング言語の場合はグラフィック要素を生成する様々な方法に変換するためのルールセットで構成されています。

一般的にプログラムは、特定のタスクを実現するために特定の言語(C、C++、Java、Python)で書かれた命令の集合体です。

2022年に学ぶべき最高のトッププログラミング言語とは?

1. ジャバスクリプト

JavaScriptは、World Wide Webのコア技術の1つである高水準プログラミング言語です。全ウェブサイトの97.8%でクライアントサイドのプログラミング言語として使用されています。JavaScriptはもともとウェブブラウザの開発にのみ使用されていましたが、現在ではサーバーサイドのウェブサイト展開やウェブブラウザ以外のアプリケーションにも使用されています。

Javascriptは1995年に誕生し、当初はLiveScriptという名前で知られていました。しかし、当時はJavaが非常に人気のある言語だったため、Javaの「弟分」として宣伝された。時が経つにつれて進化し、JavaScriptは完全に独立した言語となりました。現在では、JavaScriptはJavaと混同されることが多く、両者には類似点もありますが、2つの言語は別物です。

Javascriptは世界で最も人気のあるプログラミング言語であり、様々な組織で高い需要があります。

メリット
学習と実装が容易
ウェブ上のあらゆる場所で使用されている
クライアント側のブラウザですぐに実行できる
Webサイトのサーバーへの負荷が軽減される

デメリット
ブラウザによって解釈が異なることがあり、クロスブラウザのコードを書くのが難しい。

広く使われている、応用性が高い

2. Python(パイソン)

Pythonは現在最も人気のあるプログラミング言語の1つで、その読みやすさから初心者にも学びやすい言語です。豊富なサポートモジュールとコミュニティによる開発、Webサービスとの容易な連携、ユーザーフレンドリーなデータ構造、GUIベースのデスクトップアプリケーションなど、フリーでオープンソースのプログラミング言語です。機械学習やディープラーニングのアプリケーションによく使われるプログラミング言語です。

Pythonは、Blender、Inkscapeなどの2D画像処理および3Dアニメーションパッケージの開発に使用されています。また、人気の動画ゲームの開発にも使用されています。Pythonは、FreeCADやAbacusなどの科学的・計算的アプリケーションや、YouTube、Quora、Pinterest、Instagramなどの人気ウェブサイトでも使用されています。Pythonの開発者の平均年収は高いです。

3. Go

Goは2007年にGoogleによってAPIやWebアプリケーション向けに開発された。Goは、そのシンプルさに加え、マルチコアやネットワークシステム、膨大なコードベースを扱えることから、近年、急成長しているプログラミング言語の一つとなっています。

Goは、Golangとしても知られており、大規模なプロジェクトに携わるプログラマのニーズを満たすために作られました。シンプルでモダンな構造と構文の親しみやすさから、多くの大手IT企業の間で人気を博しています。Goをプログラミング言語として使用している企業には、Google、Uber、Twitch、Dropboxなど、多くの企業が含まれます。Go は、その俊敏性とパフォーマンスから、データサイエンティストの間でも人気を博しています。

4. Java

Javaは、現在使用されている最も人気のあるプログラミング言語の1つです。

Oracle社が所有するこの汎用プログラミング言語は、オブジェクト指向の構造を持ち、Write Once, Run Anywhere (WORA) 機能により、Mac、Windows、Android、iOSなどのプラットフォームに関係なく使用できるアプリケーションの標準となった。その結果、Javaは、メインフレームのデータセンターからスマートフォンに至るまで、あらゆるプラットフォームで移植可能であると認識されています。現在、Javaで構築されたアプリケーションを実行しているデバイスは30億台以上にものぼります。

Javaは、Webやアプリケーションの開発だけでなく、ビッグデータにも広く利用されています。Javaは、Google、Amazon、Twitter、YouTubeなど、いくつかの人気ウェブサイトのバックエンドでも使用されています。また、何百ものアプリケーションで広範囲に使用されています。Spring、Struts、Hibernateなどの新しいJavaフレームワークも非常に人気があります。世界中に数百万人のJava開発者がいるため、Javaを学ぶ方法は何百通りもあります。また、Javaプログラマには広範なオンラインコミュニティがあり、互いにサポートし合って問題を解決しています。

Javaは学ぶのがより複雑な言語ですが、Javaのコーディングスキルを持つ経験豊富な開発者は高い需要があります。

5. Kotlin(コトリン)

Kotlinは、もともと2011年にJetBrains社がProject Kotlinとして開発・発表した汎用プログラミング言語です。2016年に最初のバージョンが正式にリリースされました。Javaと相互運用が可能で、関数型プログラミング言語をサポートしています。

Kotlinは、Androidアプリ、Webアプリケーション、デスクトップアプリケーション、サーバーサイドアプリケーションの開発に幅広く使用されています。KotlinはJavaよりも優れているように作られており、この言語を使っている人たちは納得しています。GoogleのアプリケーションのほとんどはKotlinをベースにしています。

6. PHP

PHPは、1990年に誕生したオープンソースのプログラミング言語です。FacebookやYahooなどの著名なサイトをはじめ、インターネット上の80%以上のWebサイトの構築にこの言語が使用されていることから、多くのWeb開発者がPHPの習得を必須と考えています。

プログラマーは、主にサーバーサイドのスクリプトを書くためにPHPを使用します。しかし、開発者はこの言語を使ってコマンドラインスクリプトを書くこともできますし、高度なPHPコーディングスキルを持つプログラマーは、デスクトップアプリケーションの開発にも使用することができます。

PHPは、初心者の開発者にとっては比較的習得しやすい言語と考えられています。PHPの専門家は、いくつかの専用のオンラインコミュニティにアクセスすることができ、サポートや質問への回答を簡単に得ることができます。

7. C#

Microsoft社によって開発されたC#は、オブジェクト指向プログラミングの概念をサポートすることで2000年代に有名になりました。.NETフレームワークで最も使われているプログラミング言語の1つです。C#の開発者であるAnders Hejlsbergは、この言語はJavaよりもC++に近いと述べています。

C#は、統合開発環境製品であるMicrosoft Visual C++の助けを借りるため、Windows、Android、iOS上のアプリケーションに最も適しています。C#は、いくつかのアプリケーションのバックエンドで使用されています。

8. Swift

数年前、TIOBE Indexの月間人気プログラミング言語ランキングで、Swiftがトップ10に入りました。Appleは2014年にLinuxとMacアプリケーションのためにSwiftを開発しました。

学習しやすいオープンソースのプログラミング言語で、Swiftはプログラミング言語Objective-Cのほぼすべてをサポートしています。Swiftは他のプログラミング言語と比較してコーディングスキルが少なく、IBM Swift SandboxやIBM Bluemixで使用することができます。Swiftは、Mozilla Firefoxなどの人気のiOSアプリや、ゲームでも使用されています。

9. R

Rはオープンソースの言語であり、本質的にはS言語の別バージョンです。開発者がSのために書いたコードの多くは、修正することなくR上で動作します。

Rで構築されたアプリケーションは、線形および非線形モデリング、計算、テスト、可視化、分析など、統計処理を行うために使用されます。Rを使用してコーディングされたアプリケーションは、多くのデータベースと連携し、構造化および非構造化データの両方を処理することができます。

Rの学習曲線は緩やかで、この記事で紹介する他の言語ほど初心者が手に取りやすいものではありません。しかし、他のオープンソースプログラミング言語と同様に、Rは開発者の活発なオンラインコミュニティを誇っており、これは新しいコーディングスキルを学ぶ際に常にプラスとなります。

10. Ruby(ルビー

比較的簡単に学べることで知られる言語から始めたいのであれば、Rubyを検討してみてください。1990年代に開発されたこの言語は、手続き型および関数型プログラミング表記法をサポートするオブジェクト指向アーキテクチャの観点から柔軟性を保ちつつ、より人間に近い構文になるよう設計されています。Rubyで実装されたWebアプリケーションのフレームワークがRuby on Rails(以下、RoR)です。Rubyの開発者は、Rubyが書きやすい言語であること、習得に要する時間が比較的短いことを売りにしています。そのため、Ruby開発者のコミュニティは大きく、初心者の間でもRuby言語への関心が高まっています。

11. C言語とC++言語

Cは、おそらく最も古く、人気のあるプログラミング言語であり、C#、Java、JavaScriptなどの他のプログラミング言語のルーツとなっています。C++はC言語の拡張版です。今日、多くの開発者はC言語単体での学習をスキップしていますが、最初にC言語を学ぶことでC++開発のための貴重な基礎が得られると考える人もいます。どちらの言語も、コンピュータサイエンスやプログラミングの分野で広く使われています。

CとC++の開発者は、さまざまなプラットフォーム用のコンパイラを利用することができ、これらの言語で開発されたアプリケーションはほとんど移植可能です。CとC++はどちらも高性能な言語と考えられています。そのため、クライアント/サーバーアプリケーション、FirefoxやAdobeなどの商用製品、動画ゲームなど、パフォーマンスが重要視されるアプリケーションの開発で広く使用されています。

12. Matlab

MatlabはMathWorks社が所有する独自のプログラミング言語で、もともとは1980年代半ばにリリースされました。科学者やエンジニアが使用するために特別に構築されています。

プログラマーは、機械学習や深層学習のアプリケーションを構築するためにMatlabを使用します。Matlabベースのプログラムにより、ユーザーはデータの分析、アルゴリズムの作成、画像の処理、研究の検証を行うことができます。

13. タイプスクリプト

TypeScriptは、プログラミング言語のトップリストでは新参者だが、着実に前進しています。2012年にMicrosoftによって開発されたもので、大規模なコードベースに適したJavaScriptの型付けバージョンです。TypeScriptは、クライアントサイドとサーバーサイドの両方の開発において、型付けされたJavaScriptベースのプロジェクトを作成するために使用され、エラーの検出やシステム上の問題の防止に有用です。

14. Scala

Scalaは、汎用的で型安全なJava仮想マシン言語であり、最高のOOPプログラミング言語と関数型プログラミング言語を1つの特別な高い言語に統合しています。Scalaは、大規模で複雑なアプリケーションのバグを減らし、取り除くのに最適です。オブジェクト指向と関数型プログラミングの両方をサポートしています。

プログラマーは、通常Javaを使うような作業であれば、Scalaを使うことができます。Scalaは複雑な言語ですが、その複雑さゆえに柔軟性があります。Scalaを採用している企業には、Netflix、Twitterなどがあります。

どうやって始める?
プログラミング言語は何百種類もありますが、「知っておくべき言語」の上位にランクインするものはごくわずかです。私たちは、上記の言語がプログラマー養成の最良の選択肢であると考えています。プログラマーとしてキャリアをスタートさせたい、他の分野へ転職したい、今の職場でステップアップしたい、と考えているならば、これらの言語を学ぶことは、転職のスタート地点として非常に有効なのです。初心者向けのPythonから経験者向けのJavaまで、さまざまな教育があるので、自分に合ったものを見つけることができます。

新しい言語を学ぶなら、トレーニングも資格取得もオンラインスクールの出番です。Java、Javascript、C、C#、Python、Swift、Rubyの7つの言語とその他の言語の教育を提供しており、分かりやすいように開発したコンテンツで、実践学習に重点を置き、充実したサポートを行っています。言語を学ぶだけでなく、認定資格の信頼性を得ることで、高収入のプログラマーの仕事を獲得しやすくなります。プログラミングのキャリアをスタートさせましょう。

★ お気に入り追加